Sponsored Link

あの世に地獄はない!?体験者が見た死後の世界はこの世みたいな場所だった

悪いことをするとあの世で地獄に落ちる 」という言葉は、誰もが知っているフレーズだと思います。

 

人はいったい死んだらどうなるのか?

こればかりは実際に行ってみないことには誰にも分かりませんよね(汗)

 

でも、あの世へ行くのはそんなに簡単なことではありません。

 

だからこそ知りたいですし、

誰も見たことがい場所だから怖いんですよね(泣)

 

でも、この数年の調査で

「あの世で過ごしてきた」という体験者が、

意外にも大勢いることが分かり始めました。

 

今回は誰もが一度は考える

「あの世」が一体どんな世界なのか?について調べてみました!

 

「あの世へ行った」体験者がいた!

あの世のイメージ

 

「人は死んだらどうなる?」

これは生きている間、永遠のテーマじゃないかと思います。

 

私たちは「悪いことをするとあの世で地獄に落ちる」という言葉を、物心ついた時にはなぜか知っています。

 

理由は分かりませんが、

自然に耳にしているのかも知れませんね(汗)

 

 

そのくらい「当たり前に誰もが知っている」のが、あの世の地獄という存在です。

 

 

だからこそ、

あの世で天国へ行くために一生懸命生きようと思いますし、

 

不真面目に生きたり、

人を傷つけたりしたら罰が当たるので、

やってはいけないと事前に思いとどまることができます。

 

 

でもよく考えてみると不思議ですね(汗)

 

どうして「あの世に地獄がある」と知っているのでしょうか?

誰か実際に見て来た人がいるのでしょうか?

 

地獄へ行くのが怖かったので、いろいろ調べていくうちに、実際に「あの世へ行った人」がいることが分かりました。

 

生まれ変わって分かった「あの世のこと」

前世に興味があったので、

前世の記憶がある人の本を読んだら、

あの世についても書かれていました。

 

その本は森田健さんの「生まれ変わりの村」という本です。

 


生まれ変わりの村 4 

 

確かに・・・前世の記憶があるなら、

その途中であの世へも行くことになるので、

あの世の記憶があるのも当然かもしれませんね(汗)

 

 

森田健さんは10年に渡り、中国奥地のある村を調査しています。

 

その村を「生まれ変わりの村」と名付けました。

 

 

その村人の多くは、

前世の記憶を持ったまま生まれ変わっていて、

 

どんな人生を送り、どんなふうに亡くなったか、

そしてあの世はどんな場所でどんなふうに過ごしたかを語っています。

 

あの世はこの世と同じ世界

街を眺める人

 

この本の中で語られている「あの世の世界」は、

どんな感じか一言で言うと「この世と似た世界」だそうです。

 

街並みも自分が過ごした場所と殆ど変わらない景色が広がっているので、違和感を感じないということ。

 

 

何点か違いがあるとすれば、

 

  • 水に浸かっても濡れない
  • 空は晴れることはなく常に曇り
  • 服装はワンピースのようなものを支給される

 

という具合で、それ以外はこの世と変わりません。

 

つまり「あの世には地獄などない」ということになります。

 

少なくとも、

この本でインタビューした100人近い方たちは、

あの世の印象について同じことを語っているので、

 

 

誰も見たことがない

地獄という場所は存在しなかった」ということになりそうですよ。

 

この世でしたことはあの世で裁かれない?

天国と地獄

ここで1つ疑問が浮かびます。

 

もしかしてインタビューを受けた人たちは、全員良い行いをした人たちじゃなだろうか?

 

この世で良い人生を送った人は当然、

あの世で天国へ行くでしょうから、

もしかしたら全員がいい人たちだったかも知れませんね(汗)

 

 

実際に、前世の記憶も持って生まれ変わっているので、前世の人生についても書かれていました。

 

例えば、

前世は大工だった、

裁縫が得意だったという人や

 

中には

 

生活が苦しくて井戸に飛び込んで自殺した、

殺し屋をしていて人を何人も撃った、という人もいました。

 

 

でも皆あの世では「この世に似た場所」へ行って、

1年くらい生活してから生まれ変わってきたと言います。

 

つまり、この世でどんなに悪いことをしても、例え自殺したとしても「あの世で地獄へ行く」ことはなかったということになります。

 

これまで私たちが聞いていた「あの世」とは全然違いますね(笑)

 

あの世がこの世と同じなのは日本も同じか?

日本の景色

ここでまた疑問が浮かびました。

 

もしかしたら、中国奥地のその村だから天国のような場所へ行くのではないか?

 

 

確かに・・・日本と中国奥地では、

習慣や生活様式も違いますし、

もしかしたら宗教的なことが関係しているのかもしれませんよね。

 

 

「生まれ変わりの村」は4巻まで出版されていますが、

 

これを読んだ日本人が「自分にも前世の記憶がある」と連絡をしてきたそうです。

 

 

そして、「あの世の記憶もある」ということで、

第4巻には「前世の記憶を持った数名の日本人」のインタビューが書かれていますよ!

 

その数名の日本人の方たちも、

「あの世はこの世と似たような世界だった」と話しています。

 

 

「生まれ変わりの村」の人たちが話している内容とは若干異なる部分もありましたが、

 

「この世と似ている」ということに変わりはないようです。

 

つまり、

 

日本人もあの世へ行ったら、

「生まれ変わりの村」と同じように

「この世と似たような世界」へと行くことができそうですね(笑)

 

前世の記憶を持ったまま生まれるには?

もっと多くの人たちが、

前世の記憶を持ったまま生まれ変わってくれば、

 

「あの世がどんな場所か」についての認識も変わって、死を恐れることもなくなるかも知れませんね~

 

 

では、前世の記憶を持ったまま生まれ変わった人たちは、

前世の記憶を持たない人たちと何が違うんでしょうか?

 

実は「生まれ変わりの村」には、前世の記憶を持ったまま生まれてくる方法を誰もが知っています

 

それが村の言い伝えとなっているので、

村人たちは皆あの世へ行っても、それを忘れないんだそうですよ。

 

 

その言い伝えは「あの世ではスープを飲むな」だそうです。

 

スープってなんだ??

と言いたいところですが村人曰く、

 

あの世には橋があって、そこに大勢の人が群がっている。

2人ほどの係の人がスープを配っているので、そのスープを飲んでから橋を渡る

 

 

だそうで、どうやら

 

橋を渡ったところで下を見ると、この世が見えて、

妊婦さんが歩いているなと思った瞬間に光の中へ吸い込まれていくそうです。

 

 

なるほど~そういう手順になってるんですね!

実体験した人の話を聞くと納得しちゃいます。

 

もし、あなたが今世の記憶を持ったまま生まれ変わりたい、と思ったら橋のたもとで配られているスープは飲まないように注意しましょう。

 

人間以外に生まれ変わることもある

牛の親子

この村には「前世は牛だった」という人もいます(笑)

 

そのまた前世は人間でしたが、

生まれ変わる瞬間近くに産気づいた牛がいたそうで、

そちらを見たら牛の方へと吸い込まれてしまい・・・前世は牛としての人生を送ったということですよ(汗)

 

 

もし、自分があの世で生まれ変わるタイミングになったら、

絶対に脇見はしないで人間の妊婦さんだけを見るようにしないといけませんね(汗)

 

まとめ「あの世に地獄はない」

いかがでしたでしょうか?

 

これまで誰かが見たわけでも行ったわけでもないのに、

なぜか私たちは無意識に「悪いことをするとあの世で地獄に行く」と思わされてきたようです。

 

 

見たこともない場所を恐れの対象にすることで、メリットも確かにあるとは思いますが

 

それ以上に恐怖心を抱き続けて、

その恐怖心から良い行いをするのは、

何となく本末転倒な気もします。

 

 

地獄という存在がなぜここまで世の中に浸透したのか?

すごーく気になるところですが、

 

これは過去の歴史観なども調べる必要もあったりと、

一筋縄ではいかなさそうなので、

今回は話を広げるのはやめておきますね(汗)

 

 

実際にあの世へ行った人が意外にも大勢いて、

あの世は地獄ではなく、この世と似たような世界」だってことが分かりましたし、

 

例え、この世でどんな人生を歩んでも、どんな死に方をしても

「あの世では皆同じ場所で、普通に暮らすことができて、また生まれ変わってくる」ことも分かりました。

 

 

かと言って、

この世で何をしてもイイということではなく、

だからこそ自分自身をちゃんと自分でコントロールする必要があるわけです。

 

自分が自分をしっかりと持って、

善悪を見極める目を養うことが何より重要ですし

 

正しい道を常に自分に問い続けながら生きていくこと

 

これがもしかしたら、

日本人が持っている神道という心の在り方なのかもしれませんね。

 

今回調べて分かったのは、

この世で生きることは、あの世とは無関係ってことです。

 

だからこそ思い切り自分の信じた道を真剣に歩いて行かなくてはいけない、改めてそう感じました。

 

 

森田健さんの「生まれ変わりの村」には、

合計で100人近い人たちの前世やあの世の話が書かれています。


生まれ変わりの村 4

 

初めて読んだ時には本当に衝撃を受けました、と同時に心底安心しましたよ。

 

私たち人間が恐れる「死」という存在に対しての向き合い方を180度変えることができました。

 

 

これはもっと多くの人に読んで欲しい

そして、恐怖心から解放されて伸び伸びと生きて欲しいと思いました。

 

 

もし、隣に死について恐れを感じている人がいたら、

ぜひこの本の存在を教えてあげて欲しいなと思います。

 

誰も見たことのない地獄ではなく、

実際に体験した人がいる「本当のあの世」の話を教えてあげてもらえたら嬉しいです♪

 

4巻に掲載されている

日本人の方のインタビューもとても興味深くて

たくさんの前世やあの世についても書かれているので

 

あの世の世界がどんな場所か気になったら、ぜひ一度読んでみるのもおすすめです!

 

※その他のおすすめ記事※

この世はやっぱり仮想現実だった!と分かるいくつかの現象について

【いろはうた】の効果が凄すぎる!驚きの事例と効果的な実践法を紹介

うつ病は食事で改善できる!海外では60年以上前から研究されていた

宿便を一気に出したい!スイマグエースで安全に腸内清掃しよう!

 

Sponsored Link