Sponsored Link

この世はやっぱり仮想現実だった!と分かるいくつかの現象について

 

この世界が実は仮想現実ではないか?

そう仮説を立てる人も最近では少なくありません。

 

普段、何気なく遊んでいるゲーム・・・でも、そのゲームしている自分たちも、実は誰かのゲームの中だとしたらどうでしょう?

 

「この世界が仮想現実かどうか」

 

考えたこともありませんでしたが、

別の調べものをしていくうち

 

「この世は仮想現実の中ではないか?」

と疑問を抱くようになりましたよ(汗)

 

 

今回は仮想現実とは、いったいどんな世界なのか?

そして、私がこの世が仮想現実だと疑ういくつかの考察をご紹介したいと思います。

 

仮想現実とはどんな世界なのか?

仮想現実、またはバーチャル・リアリティとも言います。

 

ウィキペディアなどの説明は、私にはちょっと難しいです(汗)

もっと分かりやすい解説をしているサイトはないか探しましたが、もっと難しい説明ばかりでした(泣)

 

現物・実物ではないが機能としての本質は同じであるような環境を、

ユーザの五感を含む感覚を刺激することにより理工学的に作り出す技術およびその体系。

略語としてVRとも。日本語では「人工現実感」あるいは「仮想現実」と訳される。

 

と書かれていますが、

 

この文章で理解できる人が羨ましいです(汗)

この説明を私なりに超簡単に言い変えると、

 

この世界自体がゲームの中で、私たちはその中で生きるキャラ

 

ということでしょうかね~

 

RPGゲームと同じように、1つの世界の中で冒険に出たり、仲間を増やしたりして、

 

好きなキャラを設定して経験値を上げていくという世界を私たちは生きているのかも知れせん。

 

この世が仮想現実だと思う根拠

なぜ私が「この世界が仮想現実だ」と思うようになったか、その根拠をいくつかご紹介しましょう。

 

世界中で見られるバグのような現象

世界中では毎日のように、現実ではあり得ないような現象が起きています。

 

私もこの目で実際に見たわけではありませんが、

ニュースや動画で頻繁に目にするようになったので「もしかして?」と疑うようになりましたよ(汗)

 

 

例えば

 

  • 飛行機や鳥が空中でフリーズしていて、何分間も静止している
  • 自転車に乗っている人と影はあるのに、肝心の自転車がない
  • こちらの部屋から見る景色と、隣の部屋から見る景色が違う

 

こういった現象を集めた動画は、ネット上にたくさんあります。

 

 

日本で撮影された動画はあまりないのですが、

海外では頻繁にこういった現象が起きているみたいです。

 

 

一度、自分の目で見てみたいですね(笑)

他にもたくさんありますので、よかったら探してみるのもおすすめです。

 

あの世へ行った人の体験談を聞いた

あの世へ行って、生まれ変わった人の話が書かれた本を読みました。

 

「生まれ変わりの村」という本で、著者は森田健氏です。

 

 

中国の奥地にあるこの村では、

「あの世へ行ってスープを飲まなければ、前世の記憶を持ったまま生まれ変わることができる」という言い伝えがあります。

 

そして、村人の多くがスープを飲まずに生まれ変わり、前世の記憶を持ったまま生まれてくる・・・

 

森田健氏は10年以上、90人近い村人に

 

「前世がどんな人物だったか」、また「あの世はどんなところか」についてインタビューしています。

 

 

これを読んでとても驚いたことは

前世は人それぞれ様々ですが、自殺をしても殺人をしたとしても、あの世では同じように過ごしていたということ。

 

その前世もしっかり記憶したまま生まれ変わってきて、今度は全うに生きようと思うそうです。

あの世には地獄や閻魔様はいない、ということでしょうか?

 

あの世はどんなところか?という質問では

 

  • この世とほとんど変わらない風景が広がっている
  • 水の中に入っても濡れない
  • 太陽のようなものはなく、いつも曇っている

 

そして、あの世がとてもリアルに感じられるそうで、この世を見ることもできるそうですが、

 

この世はまるで映画やテレビを見ているようでリアリティが感じられない」そうです。

 

私たちが幼い頃から植え付けられてきた「あの世」のイメージとは、あまりにもかけ離れていますね(汗)

 

「生まれ変わりの村④」では、前世の記憶を持った日本人の方のインタビューも掲載されています。

 

日本人だと歴史観も分かりやすくて、読んでいて共感できる部分も多いです。

 

あの世からこの世を見た時に感じる実感のなさは、生まれ変わりの村の人たちと同じく感じた、と答えていたので

 

私はこれを読んで、ますます「この世が実は仮想現実」なのかも知れないという気持ちになりました。

 

仮想現実とはあまり関係ないですが、

「生まれ変わりの村」を読むと、生きるのが楽になります(笑)

 

 

自殺や他人を傷つける行為を意図的にする人はいないと思います。

 

でも現代社会は生きづらいと感じる人も多いでしょうし、

仕事や学校、人間関係のストレスから疲弊してしまい、精神的に病んでしまうこともありますね・・・

 

 

それでも

「この世で頑張らないと地獄のような場所へ行く」という恐怖心から、

 

 

「学校へ行かないとダメな人間になる」とか

「社会不適合者」と言われることが怖くて、嫌なことを続ける人生・・・

 

 

でも本当は嫌なことを続ける必要はない

心を失うことほど、人間にとって無意味なことはないと思うようになりましたよ。

 

 

走馬灯

死ぬ直前に見ると言われている走馬灯。

 

これはどんなものなのか?これまで興味もあまりなく・・・

 

脳内に自分の一生が映画のように流れていく、それも一瞬で。

 

という漠然なイメージを抱く程度でしたが、

実際に走馬灯(のようなもの)を見た人の話を聞きました。

 

みうらじゅんの「最後の講義」という動画です。

 

この講義の一番最後に「走馬灯」というお題があって、

そこに登場するお坊さんの話では、こんなふうに話していました。

 

7メートルの木の枝から落ちたことがあるが、

その時間が果てしなく長く感じられて

フィルム状のように周りの縁が黒く囲んであるのが

次々に走馬灯のように流れていく

 

なるほど~

走馬灯はフィルム状になって、次々に流れていくそうです。

 

まるで、これまで自分の人生を撮影してきたかのように、フィルムに収められていたものがゆっくりと流れていて

 

それをまるで映画でも見るように眺める、これが走馬灯の正体じゃないでしょうか?

 

 

さらに驚いたのは、

自分の記憶も書き換えられる、というようなことを話していました。

 

 

確かに、よくよく考えてみると

1つの過去にこだわる必要が果たしてあるのか?・・・この動画を見て、本当にそう感じました。

 

 

過去はもう戻ってきませんし、

好きなように編集したところで誰にも迷惑は掛かりません(汗)

 

もちろん、自分の過去が気に入っているという人は編集なんてする必要はないでしょうけど、

 

もし過去に消し去りたいことがあるとしたら、

その部分だけ編集することで心が軽くなるなら、それも有りなのかも知れませんね。

 

明晰夢で見たもの

私は2年ほど明晰夢を見るようになりましたが、

明晰夢を見ている時に不思議な現象に遭遇したことがあります。

 

明晰夢とはどんな状態か?

 

簡単にいうと

眠った状態で「今自分は夢を見ている」という認識がある状態のことを明晰夢というそうです。

 

 

私が見る明晰夢は

脳内前方がスクリーンのようになっていて

そこに映像が投影されているような感覚ですが、

 

その右端の方に、縦にフィルムのようなものが出てきたことがありました。

 

 

そのフィルムはカチカチと動きながら、何かを投影していて

よく見ると私が寝る前まで考えていたことが映像化して動いていたのです(汗)

 

 

さすが夢、何でもありだなと思いましたが・・・

 

明晰夢なので意識もはっきりしている、

ということで脳内の真ん中では夢を見て、

端の方ではそのフィルムの内容について考察の続きをしました。

 

 

寝ているのか起きているのか・・・自分でもよくわかりませんが、ここで重要なことは「フィルムの状態」になっているということです。

 

最近までは夢の中は何でもありだから、

どんな状況もあり得るだろうと気にも留めていませんでしたが、

 

 

先ほどの走馬灯のエピソードを聞いた瞬間に閃きました。

 

人間の記憶はフィルムに記憶され、保管されている」のではないか?

 

物質的な肉体がある時にはそれは出てくることはないですが、

 

死ぬ直前には肉体から魂が抜けるので、

それと同時にフィルムも動き出すのではないか?

 

 

私の夢の場合はバグだったのかも知れませんが、

うっかりはみ出てしまったのかも知れませんし・・・もしかすると命が危なかったのかもしれません(汗)

 

 

もう随分前のことなので、命は無事に繋がれたようですね(笑)

 

こう考えると、

「さっきまで考えていたことが、そのまま映像化されて出てきた」というのも、ごく自然なことじゃないだろうか。

 

 

もし、フィルムの映像が「全く関連性のない内容」だったとしたら、今も気づかなかったかも知れません。

 

 

でも、私が眠る直前まで思考していたこと、

意識している間に現実上に起きていたことが投影されていた

 

ということは、

 

このフィルムは自分に起きたことを記憶し続けているもの、と言えないでしょうか?

 

 

いくつかの現象をまとめると「やっぱりこの世は仮想現実」

いくつかの現象を見て自分なりに考察してみた結果、

「やっぱりこの世は仮想現実(だろう)」という仮説に辿り着きました。

 

一生の経験が、1つのフィルムに収められて、最後の瞬間に走馬灯として投影されます。

 

あの世へ行った人の体験では、

あの世はとても感覚がリアルで、この世は映画館やテレビで見る映像のように実感がなかった」と言います。

 

映像を見ているような世界

このリアリティのない世界、この世こそバーチャル上で作られた仮想現実だと考える方が自然ですね。

 

 

私の体験や考察だけだと信憑性も低いと思われるかもしれませんが、

多くの科学者や哲学者たちも仮説を立てていますし、この世が仮想現実だと考えるのが自然じゃないでしょうか。

 

ネットでも調べましたが、

こちらのブログ記事では多くの仮説が詳しく紹介されていますよ!

この世は仮想現実(VR)であることがほぼ100%証明されている件

 

 

多くの科学者や哲学者たちも論じている

「この世界はバーチャル・リアリティ説」ですが

 

仮説以上に、実際に体験した人たちの、

多くの体験談はそれ以上に現実味がありますね。

 

これからも「この世は仮想現実」に関する情報を集めて、記事にしていこうと思いますので、

 

よかったらまた覗いてもらえたら嬉しいです♪

 

※その他のおすすめ記事※

2020終末予言に現れる救世主まとめ!メシアとは一体どんな人物か?

ミタール・タラビッチ「クレムナの予言」東洋の賢者は誰?3つの十字の山はどこ?

【予言1999年】ノストラダムス本人が直接解説した本が存在した

 

Sponsored Link