Sponsored Link

B級グルメレシピ!「山梨名物鶏もつ煮」が激ウマに仕上がった

料理がド下手な私でしたが

最近はなんと!!

神レシピとの出会いによって、まさかの事態に発展しております。

調子に乗って作ってみたら、ちゃんと完成した料理を、今回も調子に乗って紹介したいと思います~♪

Sponsored Link

毎日作ってたら料理にも慣れてきた

そんなことは当たり前のことかも知れませんが・・・(汗)

私にとっては全然当たり前じゃないんですよー!

驚いて手を広げている男性

人は繰り返し同じ作業を続けることで

習慣化されていって、やがて無意識にでもできるようになります。

 

このお陰で人は

何も考えずに歯を磨いたり、運転をしたり、毎日同じ場所へ通うことができたりします。

 

同じように料理も毎日続けることで習慣化されていって、無意識にでもそのレシピが作れるようになるんですよ!

 

私も神レシピとこの習慣化のお陰でようやく

!

と思える料理が作れるようになりました。

これは奇跡じゃないかと目を疑う自体です(汗)

これまでの私には全く想像もつかなかった、店でしか提供できないのでは??と思い込んでいた料理を、なんと自宅で、しかも自分が作った件、という人生の1ページにタイトルも付けられそうな勢いですよー!!

郷土料理を作ってみたくなった

私は山梨の出身です。

山梨の郷土料理と言えば、2010年にB級グランプリで優勝した「鶏もつ煮」が有名ですね。

 

私が子供の頃には、よく父親の晩酌のつまみとして、食卓に上がっていたのを見たことがあります

 

食べたことないのか?って・・・

食べたことあります・・・でも当時は全然美味しいと思えませんでしたね~(汗)

 

レバーのモサモサ感も嫌でしたし、あのトロトロとした感じやドロッとした色も苦手で

以来食べたことなかったんですけど

B級グルメで優勝するくらいですから、絶対に美味しいだろうと思ってたんですよね。

 

でもって先日、スーパーへ買い物に行ったら、鶏のキンカンが目に留まりました。

鶏もつ煮と言えばキンカンは必須ですが、キンカンは何かと言うと卵になる前の卵のことです~。

 

スーパーで見かけるのは珍しいなと思いましたが、それを見たら急に鶏もつ煮が食べたくなってきて・・・

 

早速その場でレシピを確認すると、レバーや砂肝などのホルモンと一緒に醤油とみりんと砂糖で煮込むだけ

超簡単そうだったので、隣に陳列されていたホルモンと一緒に買ってきましたよ~

 

鶏もつ煮のレシピはとっても簡単!

ホルモンの下処理の仕方を調べて、まずは下処理をします。

次に醤油とみりんを100ccずつと砂糖を大さじ2杯、これを鍋に入れて強火でひと煮立ちさせたら具を入れます。

ずーっと強火で煮るので、焦げないように優しく鍋を混ぜ続けるのがコツですね。

 

途中灰汁が出ると書かれていましたが、全然灰汁っぽいものが見当たらず・・・なので、そのまま強火で煮続けて、テカテカになるまで火を通します

 

そして、完成したのがこちら!

鶏もつ煮と缶ビール

ホルモンを下処理するのって、面倒臭いと思い込んでいましたが・・・

ネットで検索してみると意外と簡単にできることがわかります。

 

こんなに美味しくて簡単に作れるなら材料は安く手に入りますし、絶対に自分で作って食べた方がいいなと思いますね♪

 

材料はどれも1パックで100~200円くらいと激安でした。

ちなみにドンキーホーテの食品売り場で調達できましたよ。

 

一度作ればけっこう食べられるので、コスパもよくて、ツマミには持って来いのレシピです。

 

鶏もつ煮のレシピはこんな感じ

材料は売っている店によっても量が違うので、レシピ通りに調達するのは難しいかも。

私は1パックずつ買って全部使いました。

 

ホルモンは長期保存できそうにないので、買ってきたらすぐに使う方がいいですよね。

砂肝は10個くらい入っていた気がしますが量は覚えてません(汗)

それをキッチンバサミで食べやすいサイズにカットします。

 

レバーはクックパッドで調べて、一番簡単そうなやり方で下処理しましたよ。

レバーとハツはセットになってるんですね~いろいろと勉強になります。

 

それとキンカン1パックですが、これがけっこうたくさん入って100円くらいと激安です。

そもそも、キンカンを見つけたから作りたくなったんですよ、実は。

値段も安くてツマミにしたら最高ですもんね(笑)

 

調味料は醤油100ccみりん100cc、そして砂糖大さじ2杯、これだけです。

 

  1. 調味料を鍋に入れて強火でひと煮立ちさせる。
  2. 具を全て鍋に入れる。鍋が焦げないように優しく混ぜる
  3. 照りがつくまで煮込む。灰汁が出たら灰汁を取る。

トロトロになったら完成です♪

難しい作業が全くないので、あっという間に簡単に作れました。

まとめ

子供でもホルモンが食べられるなら、美味しくいただけると思います。

我が家でも子供がぱくぱくと食べ続けていました・・・これは食べ過ぎに注意が必要かも知れません(汗)

 

というわけで

山梨の郷土料理「鶏もつ煮」は安くて簡単に作れるので、ぜひ宅飲みの逸品として食卓に上げてみてくださいね~本当に絶品ですよ!

その他のおすすめ記事

美味しい料理を作りたい!調味料の神配合で料理を絶品に

料理がド下手な私でも美味しくできた!神と崇めるレシピを紹介

 

Sponsored Link