Sponsored Link

富士山は2021年に噴火する!?横浜は2025年に大洪水で沈むか

過去の記事でも来年は複合災害に見舞われると書きましたが、今回その内容の信憑性を高める情報が飛び込んできました。

 

出来れば巨大地震も富士山の噴火も起きない方がいいのですが、地球の法則、宇宙の法則に抗うことはできないのかも知れません。

 

もしそうだとしたら、せめて「いつ起きるのか?」が分かれば、ある程度の防災意識を持つことができますよね。

 

今回は2021年に複合災害が起きると啓示を受けた、その内容とその時にどんな状況になるか、また必要なものと準備しておくべきものなどについてシェアしたいと思います!

 

富士山の噴火は2021年に起きる!?

火山噴火

まず最初にお伝えしておきたいことは、「この内容も絶対ではない」ということです。

 

予言や啓示、統計などから考察をしていますが、これが絶対に当たるかと言えば、100%そうとは言い切れません。また、「人が意識すると未来が変わる」という見解もあり、未来人や予言者たちの見た未来が、人の意識によって変わることもあるようです。

 

それでも富士山の噴火については、専門家の調査でも「いつ起きてもおかしくない状態」だと言われているので、来年か5年後か10年後か分からないものの、いつかは噴火する可能性は十分にあるということです。

 

そのいつかをできるだけ特定できれば、事前に準備を整えたり、あらかじめ防災意識を持つことができるというメリットがあります

 

そのために情報から分かることを、こちらで記事にしていますので、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

3.11を予言した漫画家「たつき諒さん」が見た未来

3.11に地震が起きるとの啓示を受けた漫画家「たつき諒さん」は、今ではとても有名になりましたね。

 

この啓示を受けたのが1996年3月11日だったと言いますが、その15年前のちょうど同じ日に啓示を受けたというのも衝撃です。3年後の1999年にコミックが発売されましたが、表紙のイラストと同じようにご本人も顔をケガされたとか・・・

 

わたしが見た未来の表紙
出典:不思議探偵社

 

他にも、1995年1月2日の予知夢で「15日後か15年後に神戸のひび割れた大地」の映像と文字を見たそうで、その15日後に阪神淡路大震災が起きました。

 

さらには、今回のウイルスについても1995年に「未知のウイルスが現れ、4月をピークに消え、また10年後に現れる」と予言し、自己サイトに掲載したと言います。

 

この予知夢には時間的な法則があるそうで、災害の予知夢は15年ごと、疫病は25年というように「予知夢を見てから実現するまでの期間が一定なんですね。

 

たつきさんは、全部で15の啓示を予知夢という形で受けているそうですが、まだ起きていないものが2つあります。

 

その内容というのが、

  • 富士山の噴火
  • 横浜の大洪水

 

だそうですが、この2つ以外は既に現実に起きていて、その全てが的中しているというから驚きです(汗)

 

富士山が噴火するのはいつか!?

たつき諒さんが富士山が噴火する夢を見たのは、1991年8月20日ということ。

 

先ほどの法則からいくと1991年から15年後は2006年ですが、まだ富士山は噴火していないので更に15年となると2021年になります。

 

東日本大震災の予知夢からして、日付も同時期になることも多いに考えられるので2021年8月頃に噴火する可能性もあるかも知れません。

 

松原照子さんも富士山やほかの火山の噴火について予言していますが、その噴火により日本列島は分断し、魚が捕れなくなり、伊豆は紅葉しなくなると言っていました。紅葉という言葉からも秋の前に起きることが予想できますね。

 

富士山の現状から見える噴火の可能性

専門家の間でも富士山の噴火は「いつ起きてもおかしくない」と言われています。

 

「マグマに異常が見られる」との調査結果もあり、他の火山と違い「300年近く小さな噴火も全く起きていない」状況からすると、一気に大噴火するのではないか?との見解もあります。

 

そのためか今年の4月に、表向きにはウイルスによる自粛や自衛隊の訓練という名目で、富士山周辺を封鎖し現在も登山が禁止されていますが、その裏では調査などが進められているのかも知れません。

 

また、いくつかの予言や聖書、日月神示に同じような文章があり、その内容と言うのが

 

  • 昼も夜も暗闇に包まれる
  • この闇は3日間続く
  • 電気は使えないのでロウソクを灯す必要がある
  • この時期に外を見たり、出たりすると命を落とす
  • この時期に多くの人が命を落とす

 

昼も夜も暗くなる、という言葉がずっと解明できなくて「惑星ニビルの衝突」とか、「最新兵器で地球に何かの異変が起きる」とか、はたまたポールシフトの影響など・・・あれこれ思いつくままに考えていました(汗)

 

が、これは火山の噴火により火山灰や煙に覆われるからではないかと。

 

火山の噴火が起きる時には、恐らく断層がずれたり地震や地割れも起きるでしょうから、電気などのライフラインは一切使えなくなると思います。

 

松原さんの予言でも、岐阜や静岡にある断層の名前が気になると話していましたし、他にも琵琶湖や京都、大阪の地名を上げていたので東海から関西にかけて注意が必要かも知れませんね。

 

大洪水で沈むのは横浜だけではない!?

津波
出典:全日本防災計画協会

 

たつき諒さんが見たもう1つの予知夢は「横浜が大津波に襲われる」という映像だったそうです。

 

これは1981年6~9月の間に何度も夢で見たと言います。

 

時間の法則で見ると1981年から15年後ごとなので、1996年、2011年、この間には起きていませんので、更に15年後の2026年6~9月の可能性もありますね。

 

たつきさんの過去の予知夢の的中率からしても、かなり信憑性の高い情報と言えますが、これを聞いてあることを思い出しました。

 

こちらの記事で紹介しているRANさんの啓示の内容と、リンクしているのではないかと・・・

日本地図が激変する!?前世の記憶を持つ男性に降りる神示の内容とは

 

RANさんは6年の間に、11回の啓示を受けたと言いますが、その内容は驚愕させられるものばかり

 

”あがたのしし”が突進してくるぞ

42メートルの津波

太平洋側の出っ張りがなくなる(伊豆や房総半島など)

東の宮は落ちるぞ

駿河の地は安泰だ

駆けまごうほどに水害多し(2014年からそうなっていくという意味)

 

今回の内容とは関係ないものがあるので、関係ありそうな部分だけ抜粋しました。

 

「太平洋側の出っ張りがなくなる」と言っていたので、当時は横浜は頭になくて伊豆と千葉だけを意識していました・・・でも地図をよく見ると千葉と伊豆の間に横浜があるんですね(汗)

太平洋側の地図

太平洋側の出っ張りがなくなる以外にも、日本地図は激変すると言われています。

 

「東の宮は落ちる」そうなので、東京も沈む可能性は十分にあります・・・が、駿河はなぜか安泰ということ、富士山が噴火するのに安泰なんでしょうか。これは啓示を受けている人が違うので、何とも言えませんね(汗)

 

RANさんは今回の内容とは関係ない地域にも言及していて、九州や北海道なども大変な状況になると言っていました。

 

2021年以降は富士山の噴火も大洪水も起こる

2021年に絶対起きる、と個人的には断言できませんが、過去の災害を驚異の的中率で当てている「たつき諒さん」の予知夢から考えると来年起きる可能性もゼロではないと思います。

 

私自身は2021年という年は、地球の法則的にも宇宙の法則的にも巨大地震だけでなく、富士山の噴火や巨大津波も十分にあり得ると考えています。

 

それほど大激変の時代を迎えていますし、その時代を乗り越えると、これまでとは全く違う新しい価値観の時代が開かれると思っていますよ。

 

防災に必要なものを準備しよう

富士山が噴火して、ライフラインが止まるといくつか必要になってくるものがあります。

 

そうろく

そうろく

まず、多くの予言でも言われていますが、昼も夜のように闇に包まれる。その間は電気が使えないのでロウソクの光が必要だと書かれています。

 

その期間は3日間、これはどの古文書や予言にも同じように書かれているので、最低でも3日分のロウソクは準備しておきたいですね。

 

私も今回、24時間持つロウソクというのを3個購入しました。

缶に入っているので持ち運びもできますし、保管するにもいいかなと思いましたよ。

 

他にもレビューも安全性も高いと高評価の商品を見つけたので、こちらも購入。


カメヤマ 24時間ボーティブ台付 無地 1個箱
いろんな商品があって迷いましたが、24時間持続する方がなんとなく安心感がありますね(笑)

 

防塵マスク

3日間、昼も夜のように暗くなるほどの火山灰や煙に覆われるということなので、かなりの粉塵や噴煙が考えられます。

 

マスクがなくては呼吸できない状態になるかも知れませんし、普通のマスクでは目が粗すぎるかも知れません。

 

粉塵マスクのような特殊なものを用意しておと安心です。

このマスクの特徴は、95%のウイルスとバクテリアを効果的にブロックする気密性の高さ、4層構造フィルターで細菌や防塵なども国際基準KN95と同レベルに作られています。

 

KN95のレベルとは、フィルターを通過しやすいと言われる空力学的質量径、約0.1~0.3 μm(マイクロメートル)の粒子を95%以上捕集可能

結核菌やSARSの感染防止、またPM2.5などの有害物質に対しても有効とされ、医療現場でも手術の際に使用されている。

日本の労働安全基準に基づく防塵マスク規格ではDS2に相当する。

 

国際規格なら安心ということでもないですが、普通のマスクに比べたらはるかに安心感がありますね。

 

 

最近は、種類もいろいろありますね~

この商品は5層フィルターで、BFE(Bacterial Filtration Efficiency)カット率99%になります。

 

ただ、これまで経験したことがないような状況の中では、何が正解かを現時点で知るのは難しいので、今想定できるだけのことを考え、それに対処するしかないのがつらいですね(汗)

 

 

鼻と口だけでなく、全体を覆いたいという人にはこんなマスクもあります。

上をみればキリがないので、このくらいにしておきます(汗)

 

非常用トイレ

断水して困るのがトイレとお風呂、お風呂は数日我慢できてもトイレは無理だと思います。

 

田舎ならもしかすると必要ない?かも知れませんが、都心では「野山で適当に」というわけにもいきませんので、万一に備えて、今回は非常用トイレも入手しました。

 

起きてからでは何もかも遅すぎますので、地震大国、火山大国の日本で生活する以上、こういった防災対策はある程度しておく必要があります。

 

他にもラジオやライトや充電器が合体した複合ラジオなども便利ですし、飲料水や非常食は常に常備しておくといいですよね!

 


【令和最新版 】防災ラジオ 緊急ラジオ ソーラーラジオ VARWANEO ソーラーラジオ 手回しラジオ 多機能 懐中電灯 AM/FM携帯ラジオ SOSアラート付き USB充電 ソーラー 充電 手回し 大容量2000mAH付き 多機能 防水 地震 震災 津波 台風などの緊急に対応

 

こちらの記事でもサバイバルグッズをご紹介しているので、チェックしてみるのもおすすめです。

2020年サバイバルが始まる!災害も!?今すぐ準備すべきグッズ紹介

 

ただ、この記事を書いた当時はまだ「昼も暗闇に包まれる」の意味がよく理解できていなかったため、ソーラー充電できる商品なども掲載していますのであしからず・・・

 

【地球の法則】彌勒の世の前には必ず複合災害が起きる

菩薩如来

前回の記事でも書きましたが、地球の法則の中には10800年間の平和な時代というものがあり、仏教ではそれを「彌勒の世」と言うそうです。

【釈迦予言】末法の時代に禍が来る!?彌勒の世へ行くために必要なもの

 

彌勒の世の時代はもう間もなく始まると言いますが、その前には大きな複合災害が起こるのだそうで、今が正にその時期ということ(怖)

 

日月神示でも大峠と呼ばれる時期がありますが、これも同様ではないかと推測できます。

 

地球の法則を知っておけば、今の時代の急激な流れにも冷静に対処することができると思います。今年から激動の時代に突入しているので、何が起きてもおかしくないということだけは頭に入れておきましょう。

 

まとめ

富士山の噴火は近年中に起こる、と想定しておくことでパニックにならずに冷静に対応することができます

 

今回の内容はナオキマンさんの動画を参考にさせていただきました。

そういえば動画内で最後に、もう1つ言葉のイメージで啓示を受けたと話していて、

 

その内容は

年、内容、特定できずすない。

被害を少しでも減らしたくば、汝の話信じぬおぞましき群の中にこそまずは勇気を持って飛び込むのじゃ。

 

という意味深なものだったそうで、これだけは未だに、たつきさんご本人も解明できていないそうですよ。

 

たつき諒さんやその他の方たちの予言、予知夢なども広く取り扱っているサイト「不思議探偵社」で日々、興味深い記事が更新されているので、気になる方はそちらもぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

以前なら、こんな記事を書くと「頭のおかしい人」と言われそうでしたが、最近ではこんな記事内容でも疑わずに、多くの人たちに真剣に受け止めてもらえる時代になりました(汗)

 

それも恐らく、最近の大雨や台風による甚大な被害や新型ウイルスの脅威により、「私たちは今そういう時代に生きている」という自覚を持った人が増えたからだと思いますし、危機管理を持つことの重要性が広く浸透していることからだと思います。

 

昔は夢やドラマや映画の中の話だったかも知れませんが、今生きている私たちの身に実際に起こり得る現実が「富士山の噴火」であり「横浜や太平洋側の出っ張りがなくなるほどの巨大津波」なのです。

 

これから起きるであろう複合災害から、自分や家族の身を守るために必要な知識や情報、準備するものなど、できるだけ早めに整えておけば安心ですね!

 

物質的な備えをご紹介しましたが、彌勒の世の時代へ行くためにはもう1つ、極めて重要なものがあります。

 

それが「見返りのない愛」という精神性になります。

 

また次の記事で述べようと思いますが、「愛」というだけで宗教とか、スピリチュアルとか言われそうです(汗)

 

それでも宇宙の法則、宇宙の基本となるのが「愛」であり、私も情報収集する中でどの方面であっても最終的に行きつく先、答えが全て「愛」だったので疑う余地も抗う気も失せました(笑)

 

どんな「愛」が必要で、その愛がどんな力を持っているのか、知ればしるほど驚愕しますが、愛がいかに無敵で今現在、人類の脅威となっている全てを凌駕できるものかということが分かれば、この世もあの世も怖いものは1つもないということが理解できますので、少しでも早くまとめて記事を更新したいと思います!

 

ということで、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

また次回の記事でお会いしましょう♪

 

Sponsored Link