Sponsored Link

【旅猫リポート】は文庫から読むべき!?あらすじや映画のキャストも

「旅猫リポート」という小説を知っていますか?

先日はじめて手に取ったのですが、普段はほとんど小説を読まない私も2日間であっという間に読んでしました(汗)

 

それは、圧倒的な面白さにやめることが出来なかった、というのが正直なところです。

あっという間に読み終わって、感慨に浸っていたら

なんと2018年秋に映画化されるというのを知りましたよー(汗)

 

もちろん、映画化されるなんて話はまったく知りませんでした。

・・・が、こんなに面白いのに6年間も映画化されなかったのが、おかしかったのかも!?

 

そんなわけで、今回は小説の簡単なあらすじと、映画のキャストなどもチェックしましたので、ご紹介したいと思います!

Sponsored Link

「旅猫リポート」という小説について

中学1年の長女が、夏休みの宿題の読書感想文を書くからと

推薦図書などをあれこれ調べていたら、たまたま見つけたのがこの「旅猫リポート」でした。

 

他にも「西の魔女が死んだ」とか「レイチェルと滅びの呪文」なんてのも面白そうでしたが、「西の魔女が死んだ」はとっても人気みたいで

 

図書館でも数人待ちの状態でしたし、「レイチェルと滅びの呪文」は感想文が書きにくそう・・・ということで、今回はタイトルも楽しそうな「旅猫リポート」にしたんです。

 

まずは基本情報からチェックしていきましょう。

タイトル:旅猫リポート

著者:有川浩

出版日:2012年11月15日

 

有川浩と言えば、著書の多くが映画化、ドラマ化、アニメ化されるベストセラー作家ですよね。

有川浩についても調べてみましたよ!

 

有川浩について

有川浩
出典:http://hirocsakai.hateblo.jp/entry/20130721/votingday

 

生年月日:1972年6月2日

出身地:高知県高知市

経歴:2003年 『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。

翌2004年 同作にてデビュー。

 

図書館戦争シリーズや植物図書館、フリーター家を買う、3匹のおっさんetc・・・タイトルを聞けば、必ず映画やドラマ、アニメで知っているというものばかりですよね(汗)

 

私は同じ年というのと、父の実家が高知なので、デビューした頃から勝手に親近感を覚えていました(汗)

 

でも出版される本のジャンルはSFから社会派、恋愛系まで幅広く執筆されていて

小説があまり得意ではない私には、少し敷居が高い作品も多かったです(泣)

 

 

その中で、今回は中学生の推薦図書にもなっているということ

そして主人公が猫というのがとっても気に入って読み始めました♪

 

「旅猫リポート 」簡単なあらすじ

私のように本がちょっと苦手という人には、あらすじがどんななのか知りたいということもあるでしょうし、こちらで簡単なあらすじを書いてみたいと思います。

 

自分で読みたい!」という人はここは飛ばして、ぜひぜひ小説を読んでみていただきたいです♪

 

この作品の主人公は2人、

人間のサトルと雄猫のナナです。

 

 

サトルが住んでいる部屋の近くで野良猫暮らしをしていたナナは、銀色のワゴンが大のお気に入り

そして、たまにエサをくれる人間のうちの1人がサトルです。

 

 

ある日、ナナは自動車に轢かれてしまい、足の骨が飛び出す大ケガをおいます。このままでは助からない・・・どうしようと考えた時に一番最初に思い浮かんだのがサトルでした。

 

力を振り絞ってサトルの部屋の側まで戻り、ナナはサトルの部屋の外で泣き続けました。

すると明け方、気が付いたサトルは階段を慌てて駆け下りてきます。

 

サトルはナナを病院へ連れて行き、治療をしてもらい、そこからナナはサトルの部屋で一緒に暮らすことになりましたよ。

 

と出だしはこんな感じです。

 

 

5年ほど一緒に暮したある日、サトルはナナを銀色ワゴンに乗せて、小学校時代の親友コースケの家に行きます。

コースケに会いに行く理由は「サトルの代わりにナナを飼ってくれる人を探すため」でした。

 

 

「どうしてもナナを飼えない事情ができてしまった」とだけサトルはコースケに伝えます。

かつてハチと言う猫を一緒に飼っていた(ようなもの)コースケは、ハチにそっくりなナナを飼いたいと言いますが、サトルは結局コースケにナナを預けることはしませんでした。

 

 

次に向かったのは中学時代に、一緒に園芸部を作ったヨシミネの家です。

ヨシミネもナナを飼うと言ってくれましたが、サトルはなぜかナナを連れて帰ることにしました。

 

 

次に向かったのは、高校大学時代に仲の良かったスギとチカコが経営する「ペットと一緒に泊まれるペンション」ですが、ここには老猫のモモと甲斐犬の虎丸が暮らしていました。

 

 

結局、ナナが虎丸に傷を負わせてしまい、ナナを預けるのは申し訳ないとナナを連れて帰るサトル。

 

サトルはナナを預けようと、あちこち回りましたが

もしかしたらそれは体の良い口実なのかも知れません(笑)

 

 

だって、ナナを預けられないとなって、ワゴンに乗るサトルの顔はなんだか嬉しそうなのです。

ナナもサトルと離れるのは絶対に嫌だったので、それぞれの家で意図的に一悶着起こしていました(汗)

 

ナナはとってもかしこい猫なんだと思ったら、

実は動物は人間の言葉も感情の動きすら手に取るように分かっているんだそうですね(汗)

 

 

これを理解すると、すぐにでも猫のところへ行って、話しかけたいという騒動に駆られます!

私も実家でずっと猫たちと暮らしていましたが、ホントに気まぐれで子供の私はいつもあしらわれていたように感じていましたが・・・(汗)

 

 

最後にサトルとナナが向かったのは北海道です。

フェリーを降りて広がる景色は、これまでナナが見たことのない雄大な景色と自然でした。

 

でも、ここからが終わりへの始まりってやつだったんですね(泣)

 

北海道へ来たわけは、サトルの叔母の家でナナと一緒に暮らすためでした。

 

 

 

ということで、ざーっくりとあらすじを書いてみましたよ!

この中にはもっともっと細かくて繊細なエピソードがたくさん盛り込まれています。

 

詳細はぜひ本編をお読みいただくか、映画を見てみて下さいね♪

Sponsored Link

旅猫リポート [ 有川浩 ]

 

 

映画の公開日やキャストもチェック

予告動画がUPされていました。

公開日:2018年10月26日(金)

 

キャスティング:

サトル/福士 蒼汰

ナナの声/高畑充希


サトルの叔母ノリコ/竹内裕子

 

サトルの小学校時代の親友コースケ/山本涼介

 

サトルの中学時代の友人ヨシミネ/前野 朋哉

前野朋哉
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000131.000023972.html

 

サトルの高校・大学時代の友人スギとチカコ/スギ:大野拓朗 チカコ:広瀬アリス

旅猫リポートキャスト
出典:https://www.cinra.net/news/20180621-tabinekoreport

 

他にもすごいキャスティングが実現!

サトルがナナのもらい手を探して、銀色のワゴンで旅する間に猫や犬などの動物たちとも遭遇します。

 

その声を担当する声優も先日発表されましたね!

スギとチカコの家に住む、モモという老猫の声/沢城みゆき

同じくスギが飼っている甲斐犬の虎丸役/前野智昭

 

 

アニファンなら知らない人はいない

人気声優の2人が声を担当するということで、聞き逃さないようにしたいですね!

 

「旅猫リポート」を読めば猫の気持ちが分かるようになる!?かも

いかがでしたか?

映画の公開ももちろん待ち遠しいですが、映画を見る前にぜひとも小説から読んでほしい・・・なんて思ったりもします(汗)

 

小説が苦手で久々に本を読んだ私ですが

読めば読むほど嗚咽しそうになるほど泣けます(涙)

 

 

自分なりの情景を思い浮かべる楽しさは映像を見た後ではできませんからね~

 

映画化されることを知らなかったとはいえ、映像を見る前にこの本が読めて本当に幸せだったと思います。

長女にも感謝しなくてはなりませんね(笑)

 

 

この本には、たくさんの動物たちの思考するシーンや、会話などが書かれていて「なるほど」と感心させられることも多いです。

 

動物の気持ちが理解出来るようになる指南書」とでも名付けたいところですが、

 

決して大げさではなくて

  • こういう行動の時には、こう感じているのか
  • ご主人の気持ちは会話しなくても理解できるのか

 

というように、動物が人間の些細な心の動きすら感じ取っている、とっても頭の良い生き物だということを再認識させてくれます。

 

猫と人との絆が、最後の1ページまで堪能出来る傑作だと思いますので、よかったら読んでみてもらえたら嬉しいです♪

 

その他のおすすめ記事

抱っこできる♪猫カフェは池袋がおすすめ!値段や口コミもチェック

猫のトイレは自動ロボにおまかせ!トイレ掃除が楽になるアイテムを紹介

ペットに食べさせ過ぎていませんか!?肥満や病気の原因は食事です!

 

 

 

Sponsored Link