Sponsored Link

魅力的な人になりたいなら考え方を変えるだけ!足さずに引いてみよう

人は問題に直面すると、すぐに何かを足そうと思いがちです。

足した方がイイんじゃないかと思うんですよね。

でも最近は引き算することで、物事がスムーズに行くということに気が付き始めた人が増えてきました。

今回は引き算することで、自分の魅力を引き出す方法についてご紹介したいと思います。

Sponsored Link

足し算より引き算をしよう

実は、足せば足すほど物事は余計にややこしくなります

なので思い切って、引き算してみることをおすすめ!

 

”引いたらせっかく積み上げたものがなくなりそうで怖い・・・と感じる人もいるかも知れません。でも大丈夫、いざ引いてみたらこれまで隠れてしまって見えなかったものが、見えるようになります。

それこそが、あなたの本当の魅力です。

 

シンプルに物事を考える、とも言うかも知れません。

ごちゃごちゃしているように見える問題も、たった1つだけ引いてみたら、あっという間に解決した、なんてこともあります(笑)

 

実際にごちゃごちゃしているように見えるのは、焦っているからそう見えるだけかも知れません。

他人からすると、それほどでもないことでも、自分の脳の癖があって問題が起こるとすぐに”ややこしいと思い込む”ので、焦ってしまいなかなか問題解決の糸口を見つけることが難しいのです(汗)

 

もっと引いた場所から、その状態を想像してみることで「なんだ、そんなことだったのか」と笑っちゃうくらいどうでもいい原因だったりもします。

問題はサクサク解決していこう

それと

問題に直面すると、いつまでもそのことについて悩み続けている人がいます。

悩むこと自体は悪いことではありません。

 

問題にぶつからないと人間は成長できませんからね!

そのために1つクリアするとまた次の問題は必ずやってくる、世の中はそのように創られています。

 

なので、いつまでも同じ問題で悩み続けるのは不正解です。

その問題はとっとと解決しましょう。解決しないとレベルは上がりませんし、次の問題もやってきません

 

解決と言っても、完璧に完了させる必要はありませんよ!

自分自身がその問題をクリアしたと納得できれば、解決したと言えると思います。

とにかく、自分が納得して、自分の中で消化できればOKです。

 

問題の結論を少しでも早く解決する癖をつける

これがとても重要だと思います。
いつまでもグダグダと感がえ込むのは無駄な時間です。

脳波と深呼吸について

脳波一覧

起きている時にはそれほど長い呼吸はできませんが、眠りから目覚めたときには、驚くほど長い深呼吸ができます。

その呼吸が体内へと浸透する感覚がとても気持ちよくて、起き上がるまでの間ずっと何度も何度も繰り返し深呼吸しています。

 

深呼吸と言うよりも深々呼吸と言った感じで、いつまで吸えるのか心配になるほど長く、息を吸い続けることができますので、ぜひ試してみて下さいね♪

そして、そのときの脳波はシータ波の状態ということが分かります。

 

起き上がってからでもすぐには脳波は上がらず、しばらくはシータ波の状態を保ち続けるようです。

これは起きてからも何度か深々呼吸ができたので、そう感じました。

 

その後、しばらく作業などをしたり、視聴覚からの情報を得てしまうと、徐々にベータ波へと以降していくんですね。

外的な刺激を受けるとベータ波になって、内的なことを考え続けている時は脳波が下るんだということが、よく分かります。

 

こうして脳波の状態をよく理解することで、常に脳波を下げておくことにかなりのメリットがあることが分かります。

しかし、仕事や人付き合いしている状態で脳波を下げるのは、ちょっと危険かも知れませんね。

なので、自己防衛的な要素としてベータ波というものが存在するのかも知れません・・・あくまで個人的な意見ですが(汗)

 

そもそも、太古の時代は以心伝心でした。

人間同士の意志疎通に言葉や文字は不要ですし、相手の気持ちもすぐに分かります。

なので傷つけたり傷つけられたりというようなこともないでしょうから、脳波は常に低く、それによって様々な能力が使いこなせたのかも知れません。

Sponsored Link

 

今は他人の心が見えないことに不安を抱く人も多い・・・その不安感を薄めるために、本意でない言動や行動をとって、それが時に相手を傷つけることもあります。

 

本来は相手への信頼がベースにあって、その上に人間関係が成り立つわけです。

多少の言動は構わないでしょうが、人間関係の土台に信頼が培われていない場合は、少しの言動に揺らいでしまい、簡単に壊れてしまうこともあります。

 

でも相手の言動で傷つく必要はありません

自分とは本来無関係でそれほど重要なものではないからです。

 

他人のどんな言葉もモチベーションにできるような、前向きな思考習慣で精神的にも強くなれば、他人に振り回されることもなくなりますね♪

振り子の法則

振り子の法則というものがあります。

自分がしたことに対して、この「振り子の法則」は必ず働いています。

これは万人に等しく起こる法則ですが、この法則をこれまでの歴史に当てはめてみると、これまで搾取してきた人種はもしかするとこれから同等の対価を与えられる可能性もある、のではないかと。

 

人々を欺き、支配し、貶めてきた人たちは、自分たちが長年にわたりやってきたことが、いったいどんなことだったのかを、身を持って知る日が来るかも知れません。

 

でも、過去は変えられません。

過去に自分がとった行動は無かったことにはできません。

これはどうしようもないことです。

でもたった今からの行動はいくらでも自分で決めることができます

振り子の法則をきちんと理解していれば、他人に対してどうこうしようと考える必要もないでしょうが、相手にしたことと同等の結果がいつか必ず振り子となって戻ってくることを忘れないようにしましょう。

 

他人に興味があるのは暇な証拠です!

暇なら自分の内側をよく見て、もっと自分のことをよく理解する時間を設けましょう。

暇な時間をなくすには?

私も数年前までは、1人でいるのが寂しくて、

ついついLINEで友人に連絡を取っては、 その日暇な人を探したりしていました(汗)

 

・・・でも、これって相手にとっては超迷惑です!

相手の時間を奪うことになりますから、今思うと本当に迷惑をかけていたと反省していますよ~

 

今は寂しいなんて考える余裕もなく誰かのことを考えることもありません。

ふと誰かのことが頭に浮かべば「元気でやっているかな」と思いますが、それもほんの一瞬ですぐに頭から消えていきます。

 

他人のことを考える時間は、今の私には殆どなくなりました。

他人との関わりも皆無ですが、今自分がやりたいことがたくさんあって起きている間全部をそのことに使いたい、なので極力無駄な時間を作りたくないです。

 

相手のことを考えたり、誰かと時間を過ごしている間はその時間は自分の時間ではありません。

時間の搾取とも言います。

 

もちろん、誰かに必要とされた時には、駆けつけることは大切なことだと思いますが、それは暇から来る行動ではありません。

問題は暇な時間ができると、寂しいという感情に支配されることが問題なのです。

依存マインドをなくす方法

依存心は暇な時間が増えると比例して強くなります。

人に依存、食べ物に依存、買い物に依存、ペットに依存

人はそんなに強くない、それはそうかも知れませんが、だからと言って何かに依存していい理由にはなりません

 

依存は何も生みません。

依存は自分をどんどん蝕んで、自分の心をも奪い支配していきます。

 

暇をつくるのをやめましょう

何かに依存するのはやめましょう

 

自分にとって成長できることを始めましょう

本を読む、散歩する、運動する、植物を育てる、歌を歌う、新しい勉強をする、ボランティアのコミュニティに参加するなどなど・・・

始めれば、新しい発見もありますし何より心が成長します。成長したら自信になっていっそう魅力的になれます。

魅力は自分の財産になりますね

これができるようになった、とか

1冊本を読んだ感想をブログで書いた、とか

新しい資格を取った、とか。

 

春には新しい出会いもあるので、その前にもう一回り成長した自分になって、より多くの人間関係を築ける人になりましょう。

暇だから会う人間関係ではなく、建設的な人間関係が築けるようになります。

 

成長を望む人はとても魅力的ですし、そういう人に人は集まりますので、成長することを諦めないで、これからもどんどん成長していきましょう♪

 

 

Sponsored Link