Sponsored Link

【スペイン】ティント・デ・ベラーノの作り方♪夏の暑さを吹き飛ばすカクテル!

 

スペインの代表的なカクテルの1つにティント・デ・ベラーノがあります。

 

私はマドリードへ飲み歩きツアーへ行ったときに、ほぼ1日中そればかり飲んでいましたよ(笑)

 

お洒落な名前で、難しいカクテルなのかと思いきや

作り方はとっても簡単♪

 

ティント・デ・ベラーノは「夏の赤ワイン」という意味なんだそう。

 

すぐに作れちゃいますし、

名前の通り夏の暑さを吹き飛ばす味わいです!

 

今回は、地元スペインで愛されるお酒ティント・デ・ベラーノの作り方をご紹介したいと思います♪

 

ティント・デ・ベラーノの作り方

それではさっそく、ティント・デ・ベラーノの作り方をご紹介していきます~

 

【材料】

  • 赤ワイン
  • 甘い炭酸
  • スライスしたレモンやオレンジ

 

グラスに氷を入れて、赤ワインと炭酸を1:1の割合で注げばできあがり

 

・・・え!?それだけ??

拍子抜けするくらい簡単ですね(笑)

 

 

赤ワインに炭酸を入れただけのものがティント・コン・ガスだそうで

それにレモンを浮かべるとティント・デ・ベラーノになるんですね~

 

ティント・デ・ベラーノはサングリアよりもポピュラー?

 

ティントデベラーノ&パン

数日間いろんなお店でティント・デ・ベラーノを飲み歩きました。

 

スペインにはたくさんのバルがあって、

早朝から営業していますが日本のようにサワーやいろいろなカクテルなどは置いていません(汗)

 

バルも市場もですが、ビールとワインがメインです。

 

ビールだとすぐにお腹いっぱいになってしまうので、朝から晩までずっと飲んでいたのがティント・デ・ベラーノでした。

 

ワインをそのまま飲み続けると、すぐに酔ってしまうので、

ティント・デ・ベラーノが広く飲まれるのかも知れませんね~

 

個人的には、サングリアよりもポピュラーじゃないかと思ってます。

 

スッキリとした甘さがあって、

レモンやオレンジがのっている店もあったりと、お店のカラーが出るので

 

あちこち飲み歩いて注文しても、

なんとなく違う飲み物のような感じでしたよ!

 

 

甘すぎず重すぎないカクテルなら、いろんなつまみにも合うので、

長い時間でも気軽に飲めるように作られたのではないかと思います。

 

日本とスペインのお酒事情はかなり違う

 

日本は飲料の種類がとても豊富なので、

炭酸1つにしても種類やメーカー、強い弱いなど

 

お好みに合わせて買えますが、スペインにはそういったことは残念ながらありません(汗)

 

 

これはちょっと余談ですが、

 

お酒1つとっても、日本の種類はおそらく世界NO.1だと断言できるほど、

 

サワーやカクテル、焼酎、日本酒、そしてウォッカやジンなどの洋酒まで

 

この世に存在するお酒で日本で飲めないものはないんじゃないか?と言いたくなりますね(笑)

 

アマゾンの秘境にある・・・とか言われたら困りますけど。

 

 

残念ながら日本とは違い、

スペインはそこまでお酒の種類は豊富ではありません(汗)

 

 

ビール、ワイン、シェリー酒そして、ティント・デ・ベラーノのようなカクテルがある程度です。

 

もしかすると、ウイスキーなどは置いていたかも知れませんが・・・スペイン語を解読する余裕がなくて、そこまで探せませんでしたよ~(泣)

 

 

以前に韓国で飲み歩いた時にも思いましたが、

韓国もビール、焼酎、マッコリがメインで

 

焼酎の種類はたくさんありますが、

サワーなど日本で飲めるような可愛いお酒はほぼ飲めませんでした(汗)

 

 

お酒に弱い人は一体何を飲んで過ごすんだろう??と思いましたよ。

 

 

日本はお酒の種類が異常なほど多くて、

幸せと言えば幸せなのかも知れませんが、

 

 

反対に海外旅行へ行くと飲めるお酒の種類が少なくて、

「ホッピー飲みたい!」なんてことになるかも知れませんね(笑)

 

【スペイン 】ティント・デ・ベラーノは夏にぴったりのカクテル

 

数年前にスペインのマドリードへ、

朝から飲むためだけに行ってきたんですが、

 

お酒が本当に大好きなので、

朝早くからバルが営業しているスペインでどうしても飲んでみたい!

 

 

と思ったことがあって、運よく飲み友の後輩と意気投合して実現することができました。

 

 

スペインについてあまり詳しくないですが、

訪れたのはマドリードの中でも都市部の方だと思います(汗)

 

 

市場があるマヨール広場をメインにして、

あちこち歩ける場所にあるホテルへ泊まって、

 

朝食を食べ終わった8時ころから歩き回りました。

 

 

路地にはバルと教会が順番に並んでいて、とても雰囲気があります♪

 

お酒を飲んだら、次は教会へ行って祈るといった具合に、バルと教会のはしごもできます(笑)

 

 

ティントはほんのり色づいたという意味があるそうで、

 

このカクテルはその名の通りできれいなワインレッドがオレンジと相まって、可愛い雰囲気を漂わせていますね♪

 

スペインは朝からバルでお酒を飲む習慣が根付いている

 

バルは朝早い時間から営業していて、

 

カウンターにはコーヒーを飲むサラリーマンや

年配の女性がコーヒーにパンを浸して食べたりと様々にモーニングを満喫しています。

 

 

その向こうでは、

昨夜から飲み続けていたと思われる若者が数人で

 

オリーブの実をつまみながら、ビールを煽っている姿もあります(笑)

 

 

そして私たち2人はというと

ティント・デ・ベラーノとタパスをいただきましたが、

 

まったく誰も私たちに構わずに

自分の時間と空間だけを大切にしている、と言った感じでしたね~

 

 

日本人は珍しくないのかも知れませんし、

朝から飲んでいる人も全然珍しくないのかも知れません。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

暑さを味方につけて、お酒をいっそう美味しくいただきましょう♪

 

さっぱりと飲みやすくて、いろんなシーンで大活躍してくれるティント・デ・ベラーノ、

 

作り方もとっても簡単なので、

ぜひ今日から試してみてはいかがでしょうか?

 

飽きない美味しさで、いろんな料理にも合うのでとってもおすすめです♪

 

 

※その他のおすすめ記事※

今スペイン発で世界的にも注目されている「青いワインGIK」

 

青いワインGIK
出典:https://item.rakuten.co.jp/utageya/c/0000000124/

 

ニュースでもたびたび話題になり、日本での入手が困難な状態ですが、

この青いワインでも、ぜひ一度このワインでも試してみたいです。

 

入手困難な青ワインGIKの詳細はこちらの記事でどうぞ!

青いワインGik(ジック)はどこで買える?値段や口コミもチェック

 

 

飲み歩きがメインの記事はこちら

【北千住】昼飲み2018!千べろで飲める激安店や老舗を紹介!

【十条】昼飲み!千べろで飲み歩ける美味しい店や営業時間など紹介♪

 

Sponsored Link